乾燥肌 ファンデーション

乾燥肌でファンデーションの化粧直しをするには保湿が大事

乾燥肌でファンデーションの化粧直しをするのはまず保湿を

30代後半の主婦です。
もともと乾燥肌なのですが、20代のころは乾燥など全く気にせず
パウダーファンデーションのみの使用でした。

 

20代半ばにリキッドファンデーションを知り、今でも愛用しています。
最近まで一番仕上がりのナチュラルなリクイドファンデーションを使用していましたが、
シミ・そばかすが気になり始めコンシーラーを併用することにしました。

 

でもコンシーラーが浮いてしまうという悲しい結果になり
カバー力のあるジェルクリーミィファンデーションに変えることにしました。
やはり20代と同じではダメなんだと痛感しました。

 

 

夏場以外は乾燥によるしわやよれが出てくる時もあるので
そういう時は下地を変えるようにしています。

 

夏場は同じ化粧品メーカーのベースを使って毛穴をしっかりカバーしています。
この下地はTゾーンなどの皮脂にも強く化粧崩れしにくいのですが、
しっとりとしていて夏場でもエアコンなどで乾燥する肌には良いと思います。

 

夏場以外は下地にメイクアップベースという乳液状の下地を混ぜて使っています。
メイクアップベースは本当に付け心地がよく肌にツヤが出たように仕上がります。

 

あと何といっても乾燥肌にはスキンケアが大切だと思います。
基礎化粧品も同じメーカーのものを使っています。

 

まずブースターとしてWトリートメントオイルで次に使う保湿液の浸透をさらに良くするものを塗っています。
その次に、保湿液のスキンチューナートリートメントをたっぷり塗ります。最後にクリームを塗って蓋をするというスキンケアで乾燥肌がかなり改善されました。

ホーム RSS購読